優秀な税理士さんに出会う

永代供養について知っておきたいこと

最近広告などで良く目にするようになったのが、永代供養という言葉です。本来の意味は長期間永代で先祖を供養するということですが、現在は守る人がいないお墓を寺院が代わって管理していくという意味合いになっています。
お探しなら宮城 永代供養←が便利です。
少子化で先祖の墓を守る人がいなくなったり、改宗などで檀家をやめたり、子孫はいても遠距離で管理が難しいなど様々な理由で永代供養の需要が高まっているようです。
永代供養は個人の墓、納骨堂に合祀墓を備えたもの、一般の墓を大きくしたものに納骨し碑や仏像を建てたものなど色々な形式になっています。
費用として墓石代や管理費用がかからないので最初に一括で払ってしまえば後は負担がなくなります。宗派が異なっても無宗教でも構わないという所も多いのが特徴です。
最近では生前に永代供養を申し込む人も増えています。ライフスタイルも変わり子々孫々まで自分たちの墓を守ってもらうのは無理だと、永代供養に決めておくという考えです。生前に申し込んだ場合は年会費や護寺費が必要な場合があります。
気をつけたいのはもともと先祖の墓があって、それを永代供養に移したいというケースです。骨を移すのは改葬となり書類上の手続きが必要になり、またお寺による閉魂供養(呼び方は宗派などによる)をしなくてはいけません。正しく理解した上で検討すべきでしょう。