永代供養に納骨せざるを得ない現代

永代供養に納骨せざるを得ない現代

最近は先祖代々の墓を、いわゆる墓じまいをして、遺骨を永代供養墓へ納骨しなおす方も増えているようです。このサイトを一度見れば分かります名古屋 永代供養を開いてみてください。

 

親の出身地には先祖代々の墓があっても、一族が都会に出て、もう田舎には誰も住んでいないという状況は、あちこちで起こっています。

 

墓を継承する男子が居ても、遠方の地にある墓を守って行く事は非常な負担となります。

 

自分の親がその墓に眠っていても、自分が年老いて墓参りも大変になり、それを自分の子供にも同じ負担をかけたくないとして、場合によってはお寺にお金を払ってでも墓じまいをし、お参りに行き易い都会の永代供養墓に埋葬し直すと言うものです。

 

私の父が眠る墓も同様に、かつて父の実家があった村の寺の墓地にあります。もちろん、その村にはもう誰も一族はいません。しかし、幸いな事に、一族の多くが、そこから1時間程度の所に多くが住んでおり、何とか維持できています。
もし、父の出身地が大都会に隣接する県の町でなければ、恐らく同様に墓じまいをして、都会の永代供養墓に移していたろうと思います。
少子化にプラスして大都会への人口の集中は、都会の永代供養墓の必要性を益々増大させていると思います。