優秀な税理士さんに出会う

待合室の漫画雑誌の思い出

子供の頃に大手のピアノ教室に通っていて、待合室の漫画雑誌を読むのが唯一の楽しみでした。そこには小学生向けの雑誌がたくさんあり、少年漫画、少女漫画問わずに、待ち時間は読書に勤しみました。レッスン室は5つぐらいあって、薄らと中から音楽が聞こえてきます。それをBGMにひたすら漫画を読みふけるのです。
でも、だんだん自分の番が近づいてくると、何となく漫画に集中できなくなります。私はピアノが嫌いだったので、毎週ピアノ教室に行くのが憂鬱でした。時計を見て前のレッスンが長引いている時は、このまま自分の番が過ぎないかと淡い期待をしました。しかし、そのようなことはなく、やがて私の名前が呼ばれ、売られていく子牛のような足取りでレッスン室に入りました。
そのようにして一週間が過ぎ、また翌週になると同じことを繰り返します。たまに仮病を使ってサボることもありましたが、頻繁だと母にバレます。だから、ピアノに行けば漫画が読めると自分に言い聞かせて教室に行きました。
今でもあの頃読んだ漫画を見ると、当時のことを思い出します。
よく知らない場合は岐阜 ピアノ教室へ連絡をしてみてみましょう。