優秀な税理士さんに出会う

子どもの頃のバースデーケーキの思い出

子どもの頃、バースデーケーキとしてよく親が買ってくれていたのが地元の商店街にあるケーキ屋さんのケーキでした。どうしても気になるオーダーメード ケーキ←こちらへ。

 

個人営業のバースデーケーキのサービスとしてよくあるように、チョコレート板に名前と誕生日おめでとうのメッセージを書いてくれるのがあるんですが、私の名前が少々珍しいので、一文字間違えて書かれたために「これぼくのケーキじゃない!」ってなったことがあったり……。信頼できるオリジナルケーキ 東京業者へ。

 

以来、うちの親はそのサービスをきっぱり断るか、そもそも子ども用のバースデーケーキとして注文せず、普通のホールケーキを注文するようになりました(笑)。

 

ただ、困ったことにそこのケーキ屋さんは美味しかったのですが、パティシエが息子さんに代替わりしてからこれまた個人営業のケーキ屋さんによくある話で、味が突然がくんと落ちまして……。詳しく知りたい方はバースデーケーキ 宅配をご覧ください。

 

しかし美味しいバースデーケーキに慣れた私と姉は、そんじょそこらの安いケーキでは納得がいかない。親自身、ケーキの味にはうるさい方。
と、なると美味しいけど非常に高いバースデーケーキを買い求めるようになり……挙句、私と姉は誕生月が同じなのでその月はケーキ三昧となり……。

 

今思うと、バースデーケーキ一つ取っても親には苦労かけたなー、と思います。お気軽にご相談ください誕生日ケーキ 東京←ここから確認

 

そのかわりと言ってはなんですが、最近は親の誕生日には私自身がチーズケーキを焼いたりしています。詳しくはバースデーケーキ 東京←こちらをご覧ください