優秀な税理士さんに出会う

遺影は家族ではなく、予め自分で選んでおく時代へ?!

これは実話なのですが、親戚のおじさんの葬儀に出席したときのことです。
よく知らない場合は千葉 葬儀へ連絡をしてみてみましょう。
おじさんは72歳で亡くなられたのですが、葬儀場に入りおじさんの遺影を見て驚きました...
よくわからない場合は千葉 永代供養で申込み下さい。

 

(しゃ、写真が若すぎる、、、)
こちらの千葉 写経を試してみませんか?

 

違和感を感じるほどの若い頃の写真を遺影にしていました。
妹である母はおじさんのお嫁さんや息子達に、「他に写真はなかったの、、、」ときまり悪そうに遠慮しながら尋ねていました。

 

おじさんは病気でしたが死期が迫った状態でもなく、まさかの急変に家族もびっくりで、そんな中バタバタと葬儀の段どりをとらねばならず、遺影選びに関しては「アルバムを必死に探してみたんだけど、とにかく写真に写りたがらず、カメラマン役ばっかりだったから写真が全然なくて。。。」とおばさんもこれは仕方ないと困り顔でした。
お悩みならば千葉 水子供養がお奨めです。

 

そうだったのね、、、でも世の中にはきっとおじさんのような人はたくさんいるでしょう。
でももし私なら、せっかく最期のお別れにきてくれた人達のためにも、周りが違和感を感じないような状態の、私らしい、自分でも気に入っている写真を遺影にしたいと思いました。

 

おじさんの一件もあり、母はその後「私は自分で遺影の写真の候補選んでおくから、その中から使ってよ(笑)」と念押して遺言?してました。

 

今徐々に増えている終活のひとつに、この写真選びは重要なことかもしれませんね。
コチラのサイトには千葉 葬儀 格安についての詳細が記載してあります。