優秀な税理士さんに出会う

ポンド円のトレードで月5万円稼ぐ方法について

私はポンド円のトレードで月5万円程度を稼いでいます。
周囲に勧められたFXプラチナファンド・パーフェクトコピーについてのサイトです
気になる元手ですが、15万円を口座に入れて、レバレッジを25倍にしています。
大体6万円でポンド円を1枚トレードできる計算で、基本的には2枚のロングがショートでポジションを取ります。
お探しのサイトはコチラPFPC←になりますので是非ご覧ください!
急激な値動きに対するリスクヘッジとして逆指値注文が自動で入るようにあらかじめ設定しておくことです。
私の人生はココのサイト→FXプラチナファンド・パーフェクトコピーを目にしてから大きく好転しました。
そしてその逆指値には必ず逆らわない(解除しない。負けたら負けを素直に受け入れる。)ことです。
そのうえで、トレードでは3種類のチャートで売買タイミングを決定しています。
まず、60分足のろうそく足チャートです。
必ず貴方のお力になりますのでPFPC←是非ご覧になってみて下さい
60分足のチャートでは、移動平均線を用いて、ゴールデンクロスもしくはデッドグロスのタイミングと、60分足ではどこまで動きうるか、を予測します。
特に60分足でポイントとなるのは、日本時間15時、16時で、この二つの時間と17時、18時は逆に動くことが多いため、15時、16時で動き幅の限界付近にきたら基本的には逆張りを行います。
ではその限界を見極めるポイントですが、ここでは15分足のろうそく足チャートにボリンジャーバンドを用いて判断しています。基本的にはデフォルト設定のまま使用して、赤いラインに触れるか触れないところで逆張りにしています。
最後にポジションを取った後、ポジション消化のタイミングですが、これは日足のろうそく足チャートを用います。このとき、移動平均とボリンジャーバンドの両方を用いて、ポジションを保有するか、ある程度まで利益が出たら売却するかを決定します。
なお、損については逆指値で管理しますが、一度逆指値付近までいったものの、プラスマイナス0付近にまで行った場合は損切りするなど、その辺の対応はしていました。基本的にポジション保有の検討は利益が出ている状況で、2円〜3円の勝ちまで狙うか、それとも0.5円〜1円で満足するか、という検討です。

このときはすでに月5万の目標を超えていたらポジションを解消し、そうでない場合は利益を狙うといったスタンスもよいですが、気分などよりも基本的にはチャートに忠実に従う、ということが重要です。
さぁ今すぐココ→FXプラチナファンド・パーフェクトコピー PFPCをクリック!